産後の骨盤

産後の骨盤がどういう状態にあるのかというと、一言でいえば通常の状態にはありません。

妊娠中、骨盤はお腹の中にいる胎児の成長に合わせ大きく広がり歪んでいきます。
そして出産時には直径約10pほどの産道を確保するため、恥骨は開き仙骨は後方へと移動するのです。

これにより産後の骨盤は通常の状態にはないということになります。

産後の筋肉量の減少

産後は数ヶ月ほどかけて骨盤が元に戻ろうとします。
しかし妊娠により筋肉量が減少していることで、骨盤は出産前の正常な状態に戻るのが難しくなるのです。

かといって骨盤の状態をこのままにしておくことは、痩せにくくなるだけでなく、腰痛など様々体調不良を訴える原因になってしまいます。

だからこそ産後、出産前の理想体型を取り戻すためにも、まずは骨盤を正常な状態に戻すことが必要になるのです。

そのために有効なのが骨盤ダイエットや骨盤矯正などとなります。
これなら簡単で効果的な運動となるため誰でも手軽に取り組めます。

スポンサードリンク